少し使ってみて

例のキャンドルランタンの弱点?が少々わかってきました。
とはいえ、まだ数回息子と花火するときに外に持ち出してみただけですが(^^;

1.とりあえず、重心が高い。

ボディは空の缶でホヤがガラス瓶なので、重心が高いです。
置いて使ってて風が強ければ倒れるかもしれません(汗)
吊るして使うほうが無難でしょう。

2.私の持っていたタブキャンドルは径が39mmだったので、金属の受け皿?を外さないとホヤがきちんととめられません。
検索してみると、径38mmのタブキャンドルが豊富にあるので、そちらを使ったほうがよさそうです。
うちのはロウがボディまで落ちます(^^;

3.空気の量がやや足りないのか?

炎が少し小さく感じます。気のせい?


少し改良点が見えてきました。
次回作ではこの辺りも考慮してみよう。
[PR]

by wasabi_ice | 2007-08-09 00:47 | ホビー  

<< ペルセウス座流星群 空き缶キャンドルランタン >>