大和

12月17日より公開される映画『男達の大和』の尾道の大和ロケセットが7月17日から来年の3月一杯まで一般公開されています。

詳しくはこちらをどうぞ。

総工費約6億円の1/1のロケセット。大和の全長約263mのうち艦首から約190mが再現されているそうです。
呉の大和ミュージアムにも興味はあるのですが、尾道の方が近いので気楽に行けますね(笑)

所詮は戦争の道具等、いろいろ意見があるとは思いますが、艦首のバルバスバウや艦内の冷房、グレ−チング等は大和から始まったとも言われています。
また、現在の技術で大和を完全に再現できるかというと、職人の問題やあれだけの厚さのアーマーをつくれる工場が現在は存在しないらしく、あの時代だから出来た艦だともいわれています。
素直に受け入れる心も必要では?

尾道は10年位前には少し行った事があるのですが、久々に行ってみようかな?


※8/25に言いたい事と文章が一致してなかったので、一部修正しました。
[PR]

by wasabi_ice | 2005-08-21 22:57 | 時事(もしくは日記)ネタ  

<< 燃費 そろそろ >>